導入事例 – VAIO株式会社

5 min read

FORCAS導入からたった2ヵ月でABMを実践できる体制が整いました。

2014年にソニー株式会社からPC部門が独立する形で設立されたVAIO株式会社。その後、PC領域に留まらず、PC事業の他にEMS事業やVR事業にも進出。同社の営業企画課で営業戦略、マーケティング戦略を担当される福島嗣雄様と日高康成様に、最先端のB2Bマーケティング手法であるABM(アカウントベースドマーケティング)を推進される背景と、現在の取り組みについてお話を伺いました。

導入の目的

  • ABM実践体制を確立
  • B2Bマーケティング活動における生産性の向上

課題

  • 法人企業の新規顧客開拓をしたい。
  • 膨大な企業リストに対し、どこにアプローチすべきかわからない。
  • MAだけでは成約確度が高い企業の判別が難しい。

効果

  • 導入2ヵ月でABMの実践体制が確立。
  • 1ヶ月かかっていたリスト作成の手間が不要に。
  • 膨大な企業リストの中から成約確度の高い見込み企業リストを作成可能に。

以下のフォームに必要事項をご入力の上、[送信]をクリックすると、ダウンロードページが表示されます。

お問い合わせ

お電話でも承ります。お気軽にご連絡ください。
03-4356-8998