FORCAS×Salesforce
企業属性データの自動連携で営業効率を最大化

FORCASの企業属性データをSalesforceと連携することで、どのように営業効率最大化が実現できるのかまとめました。

概要

Salesforceの活用において、企業名がバラバラで名寄せが大変、受注データはあるが受注傾向が見えていない、といった課題をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

「FORCAS」は145万の企業データベースを基に”成約率が高い企業”を特定するクラウドサービスで、Salesforceと連携することで、「企業名寄せ」と「企業属性データ(業界や企業課題を示す情報など)」の付与が可能になります。

連携をすることで、具体的にマーケティング・営業活動や戦略がどう変わるのか?
実際のユーザー事例とともに、できることをまとめました。

ぜひ、貴社の受注率改善のヒントにご活用ください。

FORCAS×Salesforce連携でできる 3つのこと

1. 強力な名寄せエンジンで、バラバラな企業名を正式名に名寄せ
2. コールや営業提案に役立つ、FORCAS独自企業データをSalesforceに付与
3. 企業属性データと受注データを組み合わせて、受注しやすいパターンを見える化

このような方におすすめ

  • Salesforceを活用したい
  • Salesforceの企業名がバラバラで、営業データ活用が進まない
  • 受注データを生かして、客観的根拠に基づく攻めの営業戦略を立てたい
  • コールや営業提案の際の企業情報収集のコストを下げたい

ダウンロードフォーム

送信に失敗しました。

もう一度お試しいただくか、お手数ですが下記までお問い合わせください。

03-4356-8998

ボタンを押しても画面が変わらない場合、送信に失敗した可能性があります。

Ghosteryなどの通信ブロックツールをご利用の場合は、Marketoのブロックを解除して再度お試しください。
ご不明な場合はお手数ですがお問い合わせください。

03-4356-8998

フォームが表示されない場合、広告ブロックのアドオンを停止するか、ブラウザを変えてお試しください。

ご不明な場合はお手数ですがお問い合わせください。

03-4356-8998